ICカードのフェリカとマイフェアって何が違うの?|ICカードブログ|ICカード印刷のICカード.com / 研美社ICカード.com

お問い合わせ

営業時間 平日9:00~18:00(12:00~13:00を除く)
  • 大阪:06-6351-1766
  • 東京:03-6228-3900
  1. ICカード印刷専門サイトTOP
  2.   >  ICカードブログ
  3.   >  ICカードのフェリカとマイフェアって何が違うの?

ICカードブログ

ICカードのフェリカとマイフェアって何が違うの?

2020/07/30written by ICカード.comスタッフ

ブログを書くときは心なしか詩人になります。こんにちは、ブログをたまに書いているP.N.くまきちです。

ある日、いつものように窓から外を眺めていると営業担当とお客さんとの電話で、こんなやりとりが聞こえてきました。(席が近いんだ)

「フェリカとマイフェアの違いなんですが~...」

...と、いう事で早速ですが今日はフェリカとマイフェアの違いについて改めて記しておこうと思います。

1.フェリカもマイフェアも同じICカードの仲間

はじめに、フェリカ(FeliCa)もマイフェア(Mifare)も同じICチップというカテゴリーの仲間です。
その上で生産者が違うということを抑えてきましょう。自動車でいうとトヨタとワーゲンみたいな感じというとイメージつきやすいでしょうか。

フェリカは国産で有名なSONY社が開発したICチップを搭載したカードを指します。
一方、マイフェアは海外に拠点をおくNXPセミコンダクターズという企業が作るICチップを搭載したカードを指します。

日本では、交通系のICカード(SuiCa、ICOCA、PASMOなど)にフェリカが採用されていたりします。ちなみに、どうしてフェリカを採用しているかも少し紹介しますね。
大きな理由の一つとして、駅では混雑を緩和するために早い通信(改札でのデータのやり取り)が求められるなかで、その要求を満たしたのがフェリカだったからなんです。よく見ると超早いので改札を抜ける時は意識してみてください...!

一方でマイフェアも国内外問わずたくさん利用されているカードです。社員証などでICカードを採用している企業などではマイフェアを利用しているところのほうが多いのではないでしょうか?(当店へのお問い合わせ量から判断すると、ですが。)


もちろん、フェリカとマイフェア以外にも色々なICカードがありますが、最初はあまり意識する必要は無いでしょう。

では、次にフェリカ(FeliCa)とマイフェア(Mifare)の違いについて詳しく解説します。

2.それぞれの違いについて解説

もう少し詳しくフェリカとマイフェアの違いについて解説していきます。

まずはこちらの表をご覧くださいませ。

chart.JPG

表の各項目について説明しますね。

・固有製造番号
カード一枚一枚に割り振られている製造番号のことです。専用のリーダーを使用するとそのカードの製造番号を読み取ることができます。これによって、カードの不正な利用やなりすましを防ぐことができます。
フェリカの固有製造番号をIDm、マイフェアのものをUIDと呼んでいるだけです。

・セキュリティレベル
運用方法にもよりますが、カード内の情報を不正に読み取らせない安全さの目安です。エンコードという処理を施すことによって、専用のシステムでしかカード内の情報を読み込めないようにするなど、設定にひと手間かかりますが安全性を高める為の余力が多くあるのがFeliCa Standardです。一方で、設計にはそれなりに知識が必要とされます。

・カード価格
当店での500枚購入時の単価を掲載しています。
一般的にフェリカはマイフェアよりも販売価格は高め。マイフェアの方が世界的には普及している背景には、データの暗号化機能を必要最低限にすることでシンプル化とコストダウンを実現できたことも大きな要因といえます。

・データ容量
ユーザーが使用できる、カード全体のデータ容量です。データを書き込むことをエンコードといいます。必要なデータ容量も用途によってすが、当店の調べではデータ容量をフルに使いこなしている...というユーザーさんは少ない、というのが実際のところ。

3.利用環境に合わせたものを選ぶ

カードの違いがわかってきたら次はカード選び!

でもその前に、既に使用中のシステムで必要なICカードを買い足そうとしている方は注意が必要です。

というのも、お使いのシステムで使えるカードは決まっているからなんです。

「安いから次からはマイフェアを買い足そう~」

なんてことはできません。

あなたの会社で今使っているカードがフェリカかマイフェアかわからない場合は、システム屋さんに確認するか、当店の担当までお問い合わせくださればお力添えできますのでお気軽に!

で、これからICカードを活用したシステムを導入予定の方に関しては、そのカードで何をするのかによって適切なカードが変わってきます。まずは導入予定のシステムとICカードで「何を管理したいのか」という点をしっかりと把握しておくとシステム選びとカード選定がスムーズになると思います。

ちなみに、シンプルに出退勤管理や入退室管理のみに使用する予定でしたら複雑なエンコードはナシで運用することも可能だったりします。
つまり、簡単に導入する方法もあるってことなので「お手軽にICカード運用したいだ!(^^)/」という方はお気軽にご相談くださいね。

5.まとめ

ここまでコストや扱いやすさなどの特長をザッと紹介してきましたが、ハッキリ言えるのは

「どっちかが明らかに優れている、なんてことはナイです。」

ってこと。

え?と思われるかも知れません...が、誰にとっても最高のカードっていうのは無いってこと。

当店でもユーザーに併せて要件や予算に合わせた最適なカードを提案しているので、お勧めするのはいつも同じICカードではありません。

導入コストは惜しまないという方ならどんどん高機能なカードにできるし、逆にシンプルに導入したい方は固有製造番号による運用方法もあります。

ICカードといっても付き合い方は色々あるって事を少し覚えておいてくださいね。

最後に、これからICカードによる勤怠管理や入退室管理をご検討中でしたら

「簡単にICカードを導入する方法があるとブログにかいてあったのですが...」

などとお問い合わせしていただければ、お手軽に導入できる出退勤管理や入退室管理についてご紹介できますので、まずはお気軽にご相談くださいね。

では、今回はこのへんで!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ページトップへ