ICカード印刷・作成のICカード.com/研美社

お問い合わせ

営業時間 平日9:00~18:00(12:00~13:00を除く)
  • 大阪:06-6351-1766
  • 東京:03-6228-3900
  1. ICカード印刷専門サイトTOP
  2.   >  ICカードについて - UID・Idmリスト -

ICカードについて - UID・Idmリスト -

UID・IDmとは

UIDとは、Unique Identification の略称で、RFID(*)全般で使用されるICカード固有のユニーク番号です。 製造時にICチップに書き込まれており、書き換えは不可能です。 比較的簡単に利用できることから、多くのアプリケーションやシステムなどで、個人紐付け対象番号として広く利用されています。 このUIDを、FeliCaの場合は「IDm」と呼びます。また、桁数もICチップによって異なります。

*RFID...Radio Frequency Identificationの略称。ICチップと小型のアンテナが組み込まれたカードやシールなどの媒体から、電波を介して情報を読み取る非接触型の認識技術で、セキュリティや物流管理、在庫管理など幅広く活用されています。

FeliCa IDmとは

IDmは、FeliCaカード製造時にICチップに割り振られる固有のユニーク番号で、 桁数は8byte(16桁)の数字です。 製造時にICチップに書き込まれるIDmは、同じ番号が流通しないように製造元であ るソニーによって管理されています。 ICカードのオープンエリアに書き込みされていますが、リーダーライタなどでIDm を変更することはできません。 書き換えのできない固有のユニーク番号で、比較的簡単に利用できるIDmは、 多くのアプリケーションやシステムなどで、認証キーとして利用されています。

felicaイメージ

Mifare UIDとは

MifareのUIDとは、Unique Identificationの略で、Mifareカード製造時にICチップに 割り振られる固有のユニーク番号で、 桁数はICチップによって異なります。4byte(8桁)、または7byte(14桁)の数字です。 ICカードのオープンエリアに書き込みされていますが、リーダーライタなどでUIDを変更することはできません。 IDカードの入退室管理システムや勤怠管理システムなど、多くのアプリケーションやシステムでこのUIDを個人紐付け対象番号として利用されています。

Mifarer系カードの中で、流通の主流となるのは4Byteですが、すでに8桁のUIDがす べて発行されており 番号が重複する可能性のあるNUID(ノンユニーク個別番号)となっている為、ユニー クは保証されておりません。それに代わるタイプが7Byte(14桁)タイプとなります。

mifareイメージ

UID/IDm紐付けリストとは

社員証やIDカードの入退室管理や勤怠管理などでは、ユニーク番号(UID/IDm)を認証キーとして利用されるケースが多いです。 利用方法としては、カードリーダーなどでICカードのユニーク番号を読み取り、その番号をデータベース側の情報と紐付け、 会員情報や社員情報、読み取り日時、ポイント管理などを行います。 UID/IDm紐付けリストは、データベース側の情報とICカードを紐付けするための一覧リストです。 通常、UID/IDm紐付けリストは商品に含まれませんので、 利用されるICカード対応のリーダー・ライターをご用意いただくか、 ご注文の際に「UID/IDm紐付けリスト」をオプションにてお申し込みいただけましたら当社にてリスト作成も承ります。

UID/Idmリストのイメージ
(上図:UID/IDm紐付けリストのイメージ)

UID・IDmを利用したアプリケーション・主な用途

ユニーク番号の利用方法は、カードリーダーなどでICカードのユニーク番号(UID・IDm)を読み取り、 その番号をデータベース側の情報とひもづけ、会員情報や社員情報、読み取り日時、ポイント管理などを行うケースが多いです。  最近ではNFCリーダライタを使って、FeliCaとMifareカードの両方のIDに対応したシステムが多く利用されています。

~UID・IDmの利用例~
勤怠管理 / 入退室管理 /ドアロック解除 / 出席確認 / ICカード認証プリンタシステム / スタンプラリー / 来店ポイントシステム / 書籍貸出 / 受付管理 / スクリーンセーバーロック、PCロック / PCログイン 等

上記のように、幅広い用途でUID・IDmが利用されていますが、ユニーク番号だけを使った認証は「なりすまし」のリスクがあるため、高いセキュリティーが要求される用途では、ICカードの暗号領域を利用したサービス等の利用(エンコード)を推奨しています。

例えば、 EdyやSuiCaなどのFeliCaカードも、ユニーク番号(IDm)を保有しており読み取ることができますが、 電子マネーサービスではこのユニーク番号を認証キーとして利用されていません。 エンコードについて、詳しくは下記項目ページを参照ください。

> FeliCa(フェリカ)エンコードについて
> Mifare(マイフェア)エンコードについて

お問い合わせ

ページトップへ